MENU

【クラスメイトの女子、全員好きでした ネタバレ無】最終回までのあらすじ解説します。原作エッセイとの違いはあるか?

木村昴さん主演、私のファンなんです!

いよいよ始まりましたね!

日本テレビ木曜ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」

みなさん、是非見てくださいね!!

主人公の木村昴さんが偶然手に入れた小説を盗作してしまうんです!まじか?

そして人気小説家に!

みんなにバレてしまう前に、本当の作者を探し出すことぬるんです。カギは何年も前に中学時代に恋したクラスメイトの女子なんだそうです。

すぐ恋に落ちてしまうダメ男が、 「超個性的なクラスメイトの女子たちに 片思いを重ねながら成長していく、 どこか切なくて愛おしい、 回想ハートフルコメディ!

公式サイトより

目次

クラスメイトの女子、全員好きでしたキャスト

木村昴:えだまつすねお枝松 脛男[37]

クラスメイトの女子、全員好きでした ネタバレ第1話あらすじ

ネタバレ第1話あらすじ

公式サイト

第1話

7月11日(木)よる11:59~

小説家志望の37歳、枝松腔男(木村品) は、出版社「鍛心社」主催の文学賞の表彰式 に出席していた。長年、背にも引っかから ず、主な収入源は害虫駆除のアルバイトだっ たが、小説「春と群青」で新人文学賞を受賞 したのだ。ところが、どことなく落ち着きが ない。半年前、脛男の元に、中学時代に埋めた タイムカプセルの中身が届いた。25年の時 を経てタイムカプセル委員会が掘り起こし、 それぞれの持ち主に送ってくれたのだった。 当時流行っていた懐かしの品々の中に、見覚 えのない“1冊のノート”が! 表紙には「客 と群青」の文字があり、中身は“女子っぽい 字”で恋愛小説が書かれていて。

ノートに書かれた小説を盗作し、賞を受賞し てしまった男。バイトの後輩、金子充(前 原滉)に盗作の話を打ち明けるが、「春と群 青」を激推しする片山美晴【新川優愛)が担 当編集となり、小説の連載をすること に…!?

“真の作者”を巡り、中学時代に恋した個性派 クラスメイト女子たちとの思い出を回想しな がら展開が進む。豚男と美晴のポンコツコン ビが織りなす、クスッと笑えるハートフルコ メディがスタート!

ネタバレは放送後にお届けします!

ネタバレ第1話感想と考察

放送後に!

クラスメイトの女子、全員好きでした ネタバレ第2話あらすじ

放送後にお届けします!!

クラスメイトの女子、全員好きでした ネタバレ第3話あらすじ

放送後にお届けします!!

クラスメイトの女子、全員好きでした ネタバレ第4話あらすじ

放送後にお届けします!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次